機械式ピアノを直しました

  • 2016.06.16 Thursday
  • 10:09
昔懐かしい機械式のピアノで鍵盤を押しても音がでないと修理にもちこまれました。 開けてみると鉄筋が3本無くなっていて、また、一本がぐらぐらになっていてチェックしている内にとれてしまいました。

写真を見ても判るようにフレ−ムに固定しても振動や振幅が起こりやすいように先端が細くなっています。

針金では良い音が出ないので、3φの炭素鋼を入手して最初に焼き鈍しを行い、加工後に焼き入れを行って材料を硬くしました。

音色や音程も出来るだけ合わせるように調整と組み立てを行いお客様に返却しました。


 
コメント
コメントする